見積もりを取ってマンションを売ることは可能か

マンション1

ゲームや雑誌、家電や骨董品などを売りたいと思ったときには買取業者に見積もりを出してもらうのが一般的です。複数の業者に見積もりを出してもらって、高く売れるところを選ぼうとすることが多いでしょう。しかし、マンションを売るときにも同じようなことができるのでしょうか。

高く売れるようにするための基礎を知っておきましょう。

マンションの売り方として多いのは仲介

マンションを売るときにはいくつかの方法がありますが、最も一般的な売り方は不動産会社に仲介を依頼する方法です。不動産会社と媒介契約を締結して販売活動をしてもらい、マンションの買い手を紹介してもらって売買契約を締結するという流れになっています。

マンションを買いたいと考えている人はたくさんいるので、その人たちの好みと売りたいと思っているマンションの仕様が合っていればすぐに売れるでしょう。販売活動を自分で行うのは大変ですが、中古マンションを探している人が相談する先になっている不動産会社が販売を担ってくれるので手間もかからず、買い手も見つかりやすいという魅力があります。

仲介を使うときには契約が成立したら不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。不動産会社もタダ働きをするわけにはいかず、なんとかして売買契約を締結させる相手を見つけようと躍起になってくれるでしょう。

そのため、販売活動も精力的に行ってくれるので比較的短期間で買い手が見つかるのが一般的です。本当にニーズに合っていないマンションの場合には難航することもありますが、安心感があるという点で不動産会社に仲介を依頼するケースが目立っています。

関連:マンションを売るのが大変だと感じる理由と対策

仲介の場合には見積もりを取ることは不可能

不動産会社による仲介でマンションを売りたいと思ったときには見積もりを取ることができるのでしょうか。結論から言えば、見積もりを取ることは不可能です。基本的には仲介は個人や法人などの買い手との直接取引になり、不動産会社はその間に立ってくれるだけです。

売りに出すときには相場を考慮して販売価格を設定しますが、必ずしもその価格で買ってくれるとは限りません。一般的には交渉が繰り広げられることになり、販売価格よりも少し値切られてしまう傾向があります。見積もりを出してもらうというよりは交渉によっていくらに落とし込むかを考えなければならないのです。

そのマンションを買いたいという人が同時に複数出てきた場合には相見積もりに近いことができるのは確かです。それぞれと価格交渉をしていき、高い値段での取引に応じてくれた人に売るということはできます。ただ、相当に新しくて設備が整っているにもかかわらず、安い価格で売りに出されているマンションでない限りは同時に複数の買い手がつくことはあまりありません。

このような競争を繰り広げてもらう形を作り上げるのは難しいと覚えておく必要があるでしょう。

買取を利用するなら見積もりを取れる

マンション18

マンションなどの不動産の売り方としてもう一つよく用いられているものがあります。不動産会社による買取でマンションを売る方法です。この場合、基本的には本や家電を売るときと同じで見積もりを取ることが可能です。

買取の場合には不動産会社がマンションを売り手から購入して所有者となり、一般の個人や法人に対して販売するという形になります。売るためにリフォームをしたり、更地にしてしまったりすることもありますが、基本的には転売によって差益を得るのが基本です。

これは中古の本や家具などの買取と販売をしている業者とほとんど違いがないのは明らかでしょう。買取の手続きでも見積書を出し、その価格に納得してもらえるなら買い取るという形になっています。

買取のメリットを生かすなら相見積もりをしよう

マンション11

マンションを不動産会社に買い取ってもらうのなら相見積もりをするのが大切です。買取価格はその不動産会社が行った査定結果に基づき、どれくらいのリフォーム費用などがかかるか、業者としてどのくらいの中間マージンが必要かといった点を考慮して決定されています。

判断するポイントが多いので、業者によってかなり買取価格には差が生まれることは明白でしょう。買取は業者の考え方次第で安く買い叩かれてしまうことも珍しくありません。そのため、基本的には相見積もりをして十分な比較をしないと後悔してしまうリスクがあります。

手間がかかると思っても数社には連絡を取って見積もりを出してもらうのが賢明です。買取のメリットはこの業者に買い取ってもらうと決めてしまったら最短数日でマンションの所有権を移転することができ、現金も手に入れられることです。

そのメリットを生かして後悔しないようにするには相見積もりをして納得できる価格で取引できるようにすることが欠かせません。

また、買取の場合には買い手が見つかりにくいマンションであっても買い取ってもらえるのが魅力です。古くて設備もあまり整っていない、立地が悪くて人気が低い、疎開が進んでいて買い手が見つかりにくいなどといった場合にも値段を付けてもらえます。

その価値の高さの判断基準も業者によって大きく違うので、比較検討するための相見積もりが重要になります。

高く売りたいなら原則は仲介

見積もりを取って比較できると高く売れる選択肢を自分で選び出せたという達成感があるのは確かです。

しかし、マンションを売るときにできるだけ高い価格にしたいと思ったら買取で相見積もりをするよりも、仲介で売った方が良いでしょう。一般的には買取の中間マージンが3割から4割程度は確保されているので、仲介で売るのに比べるとかなり安い価格で買い取ってもらうことになってしまいます。

また、買取の場合にはリフォーム費用などを別途請求されることになる場合もあるので、仲介で売るに越したことはありません。もし仲介では売れるかどうかが心配だという印象を持っているなら、買取保証を受けられる不動産会社に相談するのも良い方法でしょう。

買取保証があれば仲介で売れなかったときにはすぐに買い取ってもらうことができます。保証がない場合でも仲介を依頼して3ヶ月から6ヶ月程度は販売活動をしてもらい、候補者が見つからなかったら買取業者で相見積もりをして売ってしまうということも可能です。

高く売るにはこのような選択肢もあるということは念頭に置き、最良の方法を選び出すようにしましょう。

関連サイト|マンション 売る
不動産鑑定士監修!『マンション売却の心得』